家庭で固定ipアドレスを利用するのは必要か?

通常と違って、故意に変えない限りIPアドレスはずっと同じものを使える固定ipアドレスは果たして必要か、そのような疑問を持つ人もいるでしょう。
結論から言ってしまうと、一般家庭で通常のインターネット利用をするためであれば、固定ipアドレスはさほど必要はないです。
一般家庭ではプライベートIPアドレスとしてDHCPと呼ばれる動的IPアドレスが主流になっています。

皆さんの自宅でパソコンを購入した際、LANケーブルを端末につないでネット利用していませんか?
LANケーブルにつなぐだけでネット接続できる場合、DHCPによる動的IPアドレスが使われています。
もしこの状況で正常に使えていて何の問題もなければ、別途料金を支払って固定ipアドレスを取得する必要はないです。

しかし例えばこの従来の方法ではインターネットに接続できない、ネットワークプリンターが起動しないなどのトラブルを抱える場合も時折見られます。
このような場合には、固定ipアドレスを取得して変更が必要になるかもしれません。
もしうえで紹介したようなトラブルが起きている場合、まずは使用している機器や端末のマニュアルやメーカーの公式ページなどで確認しましょう。
それでも原因が特定できない場合、直接メーカーの方に問い合わせましょう。

一方企業の場合、固定ipアドレスを取得したほうがむしろいいでしょう。
企業によって固定ipアドレスオンリーというケースもあれば、動的IPアドレスと必要に応じて使い分けている場合もあります。
もしネットワーク通信やパソコンを個別に厳密に管理する必要がある、セキュリティを強化したければ、すべて固定ipアドレスを割り振りしたほうがいいでしょう。

一方ですべての固定ipアドレスを割り振るとなると管理が大変かもしれません。
もしセキュリティも一定レベル維持しながら、アドレス管理はシンプルにしたければパソコン自体は動的IPアドレスを使用するといいです。
そしてサーバーやプリンター、NASなどについては固定ipアドレスを利用するなどがおすすめです。